[アクセスは検索から]  資格関連のアクセスは検索以外ないはず、順位を上げたいが・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 518

気づけば・・・「検索順位が上がっていた」

嘘です、上がっていません。単なる妄想を導入文がわりにしました。

「資格と仕事」は底辺辺りの資格と仕事、そして失業や職業訓練に焦点を絞っています。

いわゆる特化ブログです。

特化ブログなので来訪者は検索からしか期待できません。

しかし作ったばかりのサイトは、半年間ぐらいはグーグルに相手にされないらしい。

もちろん、半年経っても検索結果に載るかどうかはわかりませんが、やっぱりアクセスは増やしたい。

今までは、大きなアクセス数を目当てに、ブログを作ったことはありません。

もちろんアクセスを狙って作ったとしても、できるはずもないのはわかっています。

しかし、何もしなければ永遠にアクセスはないです。

スポンサーリンク

最初はお金の話から・・・

特化型ブログのいいところ

  1. 最終的にはSEOに強くなるはず
  2. 来訪者の属性が固まるので、アフィリエイトに向いている
  3. そして「資格と仕事」はGoogleAdSenseの単価が高いカテゴリーを扱っています

Money,

kschneider2991 / Pixabay

特化型ブログの問題点

  1. 「検索」以外の導入が難しい
  2. 先達に強いライバルが多い
  3. 書くことが限られてくる

このページは「[ブログ PV増やしたい] PVを目的に書いてみたら、はたして上がるのだろうか?」からの移管です。

「気づけば.コム」で「資格と仕事」に関係ありそうな部分だけをこのページに書いています。

詳細は[ブログ PV増やしたい] PVを目的に書いてみたら、はたして上がるのだろうか?で確認

してください。

Google 1

Simon / Pixabay

Google アナリティクスで判明したこと

アナリティクスを使って初めてわかったことが2つありました。

  1. アクセスは集中する
  2. アクセスは感覚でわからない

ゆえに実際にアナリティクスで調べる事が大切です。

このサイトのグーグルでの順位

※( )内は検索ボリュームです。

電工関連

電工2種       →9.8位     (千~1万)
電工二種      →15.2位     ( 同上)
複合で       →3.3位~40.0位  (ばらばら)

おそらく、電工試験の時期にアクセスが急増したのは、Googleさんが検索結果に載せていてくれたからだと思います。

その他で順位の低いもの

危険物乙4        →20.3位(1万~10万)
ボイラー2級 勉強方法  →10.2位(十~百)
乙4           →9.2位(千~1万)

検索ボリュームの多い資格関連のキーワードは、受験者数が多いので競合が厳しいです。

ボイラー2級に関しては、サラリとしか書いていない。

しかし、危険物乙4に関してはがんばった記憶があります。

しかし、しかし、もっともっと頑張らねば。

キーワードプランナー

失業      千~1万
失業生活    10~100
職業訓練    1万~10万
職業訓練校    1万~10万
転職      10万~100万   推奨入札単価 1373円(他はほとんど、100円以下)

キーワードプランナーには競合の強さも載っています

そして、キーワード 「転職」に挑戦したい

上記の中で唯一 高 だったのが、転職(ボリューム100万~1000万)でした。

推定入札単価というのが、1373円と他の単価の10倍~20倍でした。

つまり、単価が高いと儲かるので、競合も多いということだと思います。

キーワード転職で上位表示させて、AdSense広告をクリックしてもらえれば、お金儲けのためになりそうです。

上位表示のためには、オリジナルティ(実体験)が必要だと思う。

キーワード転職で上位表示のために、ばかな男をやってみようかな?

やってみました、最近転職しました。

「ただ馬鹿かどうかは後からではないと判断できない」と思っています。

→おちついたらブログに書くつもりです。

自分なりの結論

[ブログ PV増やしたい] PVを目的に書いてみたら、はたして上がるのだろうか?

にアクセスアップを目的とした記事の書き方を詳しく書きました。

ただ、kizukeba.comもそうですが、アクセスを主たる目的にはしていません。

kizukeba.comは、誰も読みそうにないことでも書きたいものを書く、という方針です。

「資格と仕事」では、PVよりも読んでくれた人に満足してもらえる内容にしたいだけです。

まだまだ内容的に薄いので、色々な角度から書いていきたいと思っています。

すこしでもお役に立てれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする