[ブラインドタッチとGoogle Chome]  ついでにマネー・フォワードも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 76

会社員時代の後輩が色々な生活の知恵を教えてくれました。

もしかすると彼は寂しい時期だったのかもしれないが、役に立ちそうな情報を色々と教えてくれました。

色々なポイントを上手く利用する方法、車を高く売る方法、無料で使える公共サービス、その他モロモロ

その中で、失業中の人間にピッタリのものがいくつかあった。

失業生活を少しでも快適におくるために、お勧めしたいものがある。

スポンサーリンク

第一のお勧め グーグルクローム

「ブラウザーはグーグルクローム。余計なニュースや広告がなく速いですよ」
ブラウザーの意味も知らなかったが、シンプルで早いネットライフを無料で手に入れることができた。

今ではグーグルクローム以外は使う気になれない。

Google 3

geralt / Pixabay

第2のお勧め Typ Train(無料のタイピング練習ソフト)

「タイプトレイン」ダウンロード

TypTrainは古いソフトなので、ダウンロードの仕方や起動方法もわかりにくいが、練習ソフトとしてはかなり優秀です(職業訓練校の教諭も推薦していました)

もちろん無料です、覚えてしまえば不必要になるものに金をかける気はしません。

「タイプトレイン」ダウンロードへのリンクです

ダウンロード方法と起動方法も載っています

いかにしてキーボード配列を暗記するか?

タイプ・タイタンの画面にキーボードと指の絵がでてきます。
その絵を丸暗記です。

覚えられたら忘れないようにメモに写します、そしてポケットにでも入れて持ち歩く。

歩きながでも電車の中でも、どこでも暇を見つけて頭に再現してみる。上手く思い出せないときには、メモを見て確認。

FとJには突起がある

FとJには突起があるので、そこに両手の人差し指をあてて、画面を見ないでいくつか練習すれば大丈夫です。

あとはポイントサイトの入力ゲームでもやれば、一週間もかからず覚えられて、そしてお小遣いまでもらえるよ。

「速く打つには練習ですよ。まずはキーボードの配置とそれに対応する指をおぼえる。次に画面だけをみて打つ。ホームポジションに両人差し指をおいて、指をまちがえないように。それが一番の早道です」

指使いが大事であることは感覚的に理解できた。

小さな頃から算盤をやらされていて、指使いについては厳しく指導された。
ただ、おかげで算盤の上達は早かった。

ブラインドタッチでも同じだと思う。指で覚えてしまえば、無意識の状態でキーボードをたたくことが出来た。

タッチタイピング習得への必須アイテムはタオルです

キーボードの配列と対応する指を覚えるた後は、毎日練習するのみ。練習ソフトをネットで探し、キーボードをタオルで隠してタイピングゲームをした。

1週間ほどで、1分間に100字位は打てるようになった。

もう一度だけ確認です、指が一番大事です。

まだブラインドタッチができない人がいたら、1週間だけはブラインドタッチに真剣に取り組んで、すぐに出来るようになりますよ。

たった1週間だけ努力すれば、世界が変るかもよ。

ブラインドタッチ習得の期間について検証してみた

改訂版 ブラインドタッチ習得は1週間で

「気づけばブラインドタッチができていた」でした。

第3のお勧め 家計簿ソフトをつけるとお金が残る?

初めての家計簿はマネーフォワード

家計簿を生まれて初めてつけてみた。

そして、自分の金遣いの荒さにびっくりした。具体的に数字でみるとはっきりわかる。

深く反省し、反省また反省です

一ヶ月でかなり改善されました。

家計簿ソフトは、無料で使えるMoneyForwardが非常に便利です。

Household account book

stevepb / Pixabay

ただ無料プランで使っているので消えてしまったり、ログインできなくなる等のトラブル時に、サポートをたよりにできないのが不安です。

ネットに接続しているのに、個人情報を書き込む人間がいるのだろうか?

そして大きな不満が1つある。

MomeyForwardがしつこく銀行口座を教えろといってくる。

「金融資産をすべて打ち込め、資金運用のアドバイスをする」などと、ふざけたことが書いてある。

自分の金ぐらい、自分で管理できる。

何があっても銀行とはつながない、営業目的のアドバイスなど聞くだけで、気分が悪くなる。

そのうちに有料プランにするか、他に安くてつかいやすい家計簿ソフトをさがしてみるつもり。
そして、有料プランに変えても、銀行とつなげる必要性は全く感じないので絶対にするつもりはない。

MoneyForwardに教えてもらわなくても、管理人自身が金融知識はかなりあるし、運用歴も投資歴も学生時代からなので長い。

そして他人の資金運用を、本職としていた期間も長いです。

それでもMoneyForwardを、13ヶ月間も使っている。(2年以上無料で使っています)

しかし、人の金融資産やまして取引銀行までしつこく知ろうとする常識のなさには、あきれるばかりです。

しかし、他に移るときのデータ移行のわずらわしさもあるので、多分しばらくは使い続けるような気がています。(実際に2年以上使い続けました)

それ以外は欠点はないし、操作性のよさが抜群なので、MoneyForward 万人にお勧めできる家計簿ソフトです。

そして24ヶ月たった今でも、まだ使ってます

おまけ・・・WIFIはもっと早くできる

Wifiを自宅でつかっているが、電波状況が悪く、かなり不便な思いをしていた。

ルータなどの機器は、北西の部屋においてある。南西の和室とのあいだには、ウォークインクローゼット、納戸(本棚2つと洋服ダンスと和タンス)、そして布団類がおしこまれた押入れと障害物がかなりあります。
おかげ様(?)で電波が弱く、かなり不安定。 電気屋さんに勧められて、中継器を置いてみたが、イマイチだった。

買い換えようかなと思いルータを眺めていると、いくつかの穴が開いているのに気がついた。

もしかしたらと思い後輩に電話した。

「そりゃ電波で飛ばすより、ランケーブルでつなげた方が速いでしょ」

そうです。

其の穴はランケーブルを差し込むための穴でした。

価格.comで調べ、Amazonで、25メータのランケーブルを購入しました。

翌日からのネットライフが、いっそう快適になりました。

Lanケーブルでつなぐと速くなる
オームの法則が関係しているのかな?

かなり速いです、快適。

少しでもお役にたてれば幸いです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする