【偏差値】  資格試験の難易度をランキングしてみました

Deviation value資格に関する雑記
PublicDomainPictures / Pixabay
この記事の所要時間: 729

この資格カテゴリーの目的は、「皆様が5分~10分程度の時間を費やすことで、たとえ1パーセントでも合格の可能性を上げて欲しい」です

このページを見てくれている人は、おそらく数学や物理の苦手だった人が多いと思います

 

設備系の資格は、基本的には理系です

比較的簡単な試験が多いとはいえ、電気も物理も化学もすべて理系です

そして電気系の資格では、数学の基礎知識が要るものをあります

 

 

スポンサーリンク

ど素人文系

 

ビルメンに関連する資格は、比較的簡単なものが多いとはいえ、どうしても理系のセンスが問われる部分もあります

中学時代はともかく、高校時代にほとんど物理と数学で零点をとっていた管理人2も、金融系の少し難しい資格は簡単に受かっても、過去の蓄積がいる理系的な資格にはかなり苦労しています。

 

 

そこで、ど文系の人間から見た設備関連資格の偏差値を、独断でつけてみました

設備系の資格は太字にしました

そして、簡単な自己流の解説も入れておきます

「文系の方が、設備系の資格に挑戦するときのヒントにでもなればいいな」と思っています。

 

 

 

非現実的に難関

 

 

71:電験1種
69: 弁理士(理系)
67: 弁護士

 

この辺りの資格を受けようと思っている人が、このページを見ることはないと思います

非現実的な話ですが、文系人間が弁理士(理系)や電験1種に受かる可能性は、司法試験に受かる可能性よりも低いと思います

0.01% ? ?0.001% ? 0. 2%  ぐらいの非現実的な可能性かも

 

 

超難関

 

 

65: アクチュアリー
64:電験2種
63: 公認会計士
62:弁理士(文系)
61: 不動産鑑定士

 

 

difficult

qimono / Pixabay

 

 

このレベルもほとんど不可能かも

電験も3種はともかく、普通のビルメンに2種が必要になるとは思わない

そもそも文系の人間が、電気の専門家として生きていく必要はないような気がします。

 

 

資格だけで食べていけるお勧めは、公務員と医師の他には

 

1、不動産鑑定士

2、弁理士

 

 

サラリーマン時代は、さまざまな職業の方と話す機会がありました。

上記の2つは比較的のんびりと仕事をしている感じでした。

他の職業の方は例え弁護士さんでも、開業してからの営業が大変そうでした。

 

上記の2つは営業を頑張っても収入はほとんど変わらない。

そもそも忙しくて営業する暇がない、みたいな感じでした。

 

 

 

 

企業内で専門家として生きるなら、アクチュアリーと電気主任技術者、そして税理士はお勧めです

 

 

アクチュアリーは本当に難しい、大学の数学部卒業程度の知識が必要らしい。

電験3種の資格があっても、電気主任技術者に任命されるとは限らない、電顕を持っている人がたくさんいる現場もあるし、外注しているところも多いです。

税理士も資格手当ては、会社によって全然違います

 

 

 

しかし、資格があってマイナスになることは少ないと思う。

マイナスになりそうな場合は、隠しておけばいいことです。

 

 

超のつく難易度の高い資格を考えるなら、弁理士や不動産鑑定士という実益のわりには、知名度が低いため人気がない資格がお勧めです。

 

 

資格だけで食べられます。

しかも人気薄なので、受験者も取得者も比較的少ない。

そして独占業務なので安定してかなり稼げます。

勉強は大変ですが、努力に対する見返りがあります。

 

 

 

yuka11.05

 

 

 

 

 

 

 

 

難関

 

60:司法書士
59:エネルギー管理士
58:電験3種
56:税理士(5科目)
54:2級建築士

52:建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)
51: 簿記1級

 

 

この辺りになると現実的になってくるかも

文系の人間ならば、司法書士、エネルギー管理士、電験3種、税理士、2級建築士は、それぞれ3年ほど勉強を続けられれば、合格が見えてくるらしい

 

 

 

 

ビル管理士、簿記1級ならば半年~1年ほど集中して勉強すれば、純粋な文系でも大丈夫だと思う。

 

 

 

 

普通

 

50: TOEIC 650
49:消防設備士甲(勘違いしていました、甲種はもっと難しいです)
48:1種電気工事士(免状発行には5年の実務経験が要ります)

47:宅健

46:2種電気工事士(難しいのは実技です)

45:危険物甲

 

ある程度の勉強(又は練習)さえすれば、落ちることはないであろう資格です

もちろん、難易度はあくまで文系人間向きに変えています

 

 

 

 

 

 

簡単

44:消防設備士乙 (簡単だけど、記述式の実技試験があります)
43:2級ボイラー技士
42:危険物乙4

41:ケアマネージャー
40:普通自動車免許

 

 

 

Easy

fxxu / Pixabay

 

 

 

難易度の低い資格試験は、簡単だとおもいます

しかし、簡単だけど何もしなければ、間違いなく落ちます

ただし、マークシートがおおいので、運次第では1夜漬けでも大丈夫かも

 

 

 

前日だけの勉強で、危険物乙4類やボイラー技士2級に合格した人を、何人か知っています

 

 

 

 

管理人2からのアドバイス おそらく役に立ちます

 

2級ボイラー技士、危険物乙4、消防設備士乙6

上記3つに関しては、他の問題文の中に答えが記載されていた事がありました。

 

時間は余ると思うので、何回も見直しをするだけで全然違います。

1問や2問ぐらいは、回答を訂正できる箇所が見つかるはず。

資格試験を受けるのは半日近くつぶれるので、僅差での不合格が一番つまらないです。

 

もう1つ合格のヒントは 「素直な試験です。もっとも怪しいものが、正解のことが多いです」

 

 

あなたの合格を願っています。

また、どこかで・・・