【第3種冷凍機械責任者 受験体験記】 「保安管理」難しすぎでした

冷凍機械責任者
ijmaki / Pixabay
この記事の所要時間: 442

2019年10月に、第3種冷凍機械責任者の資格試験を受けました。

少し甘く見ていたせいもあり、かなり苦戦しました。

自省の念をこめて、その時の様子を書いてみた。

スポンサーリンク

予想よりも大盛況でした  出席率85%超?

 

自分の受験会場だけですが、欠席者の数を調べてみると、なんと15%ほどしかいなかった。

 

どちらかと言えば「3冷」は底辺資格の部類のはず。

「危険物乙4」や「消防設備士」のように3分の1ぐらいは欠席者がいると思っていました。

受験料が10,000円近くするから、欠席者が少ないのだろうか?

 

合格率3割の試験でも4割が欠席ならば、実質的な合格率は5割です。

第3種冷凍機械責任者については、欠席者が少ないので少し厳しいかも・・・

 

翌日には自己採点できるのだけれど・・・

 

正解答、合格者番号、試験問題の公表 | 高圧ガス保安協会
高圧ガス保安協会(KHK)は、高圧ガスに関する技術基準(KHKS)作成、検査・認定等、教育・講習、資格試験、研究開発のほか、ISOマネジメントシステム審査登録を行っております。

 

試験問題と回答番号のPDFページへのリンクが貼っています。

 

どうしても講習を受けさせたいのか?

講習受講者は、「法令」以外はすべて免除です。

そして、今回の「法令」は簡単すぎ。

 

 

「保安管理」に比べて、「法令」は簡単すぎ。

というか、「保安管理」が難しすぎ。

聞いたこともない単語がいくつか出ていました。

 

管理人2は、最初の段階であまりの難しさに受験を悩んでいました。
そして、過去問は最近のは高かったので、大昔の過去問を買いました。

法令の改正部分に関しては、取りこぼしてもいい。
しかし、保安管理に関しては、自然の原理なので古くてもいいと思っていました。

 

しかし、今年(近年)の保安管理は、出題範囲が細かすぎ。

そして、昔の過去問には載っていない内容が、かなり出ていました。

コンクリートの重さなど、冷凍機械にどう関係するの?

 

法令に関しては楽勝のはず

多分、9割は取れています。

改正部分があって間違えていても、「法令」での不合格はないはず。

ゆえに、「択一式問題正回答番号」は、見なくても大丈夫です。

 

保安管理は、4.5割~7割

 

保安管理は微妙でした。

というか、自分で選んだ答えを完全には思い出せません。

自信を持って覚えているのは9個ほど。

正解は6個で、不正解は3個でした。

 

合格ラインは9問です。

覚えていない問題6問の内、3問以上不正解で、不合格です。

 

なんとなく「不合格体験記」を書く予感がしますね。

 

冷凍機械責任者結果発表に向けて

2ヵ月後まで結果はわからない

正式な結果発表は、令和2年の1月6日(月)の15時から、下記のページで公表されます。

 

正解答、合格者番号、試験問題の公表 | 高圧ガス保安協会
高圧ガス保安協会(KHK)は、高圧ガスに関する技術基準(KHKS)作成、検査・認定等、教育・講習、資格試験、研究開発のほか、ISOマネジメントシステム審査登録を行っております。

 

はたして、どっちなのだろう?

 

 

更新はないので、3400円かかるけど申請予定(合格の場合)

 

 

講習義務も、保安責任者等に専任されない限りないです。

現実的にはまずないし、もしそうなった場合には、会社が講習費用+日当+諸経費を出すでしょう。

 

という訳で、合格していた場合には、何かの役に立つかもしれないので申請したいと思っています。

 

来年の勉強方針   不合格ならギリギリだったので・・・

 

不合格だった場合には、来年に再受験します。

令和2年の10月11日(日)に、ビル管理士(建築物環境衛生管理技術者)の試験を受ける予定ですので、ちょうど1ヶ月後ぐらいに「3冷」を受験するつもりです。

今回の勉強の下積みがありますので、次回は1ヶ月あれば、合格ラインを余裕で超えるはず・・・

 

過去問は最新のものを使用してくださいね。

試験結果は?

 

合否がわかるのは2ヵ月後です。

下のページに書く予定です。

 

 

このページのまとめ

 

  • 第3種冷凍機械責任者の試験を受験しました
  • 欠席者は、15%ほどしかいませんでした
  • 「法令」は簡単すぎ、そして「保安管理技術」は難しすぎ
  • 翌日の「正回答番号発表」をみても、保安管理の合否がわからない
  • しかし不合格でも、来年は合格できる、はず

 

 

読了、ありがとうございました

また、どこかで・・・