【消防設備士】 4類は甲か乙か?  難易度と有用性を確認したい

Study 09.26消防設備士4類
この記事は約8分で読めます。

しばらく、資格試験の勉強を中断しています。

あくまでも中断なので、近々再開したいと思っています。

いつも思うだけでなかなか実行できていませんが、8月に消防設備士4類を受けるつもりです。

 

もともとは3月に受験するつもりでしたが、勉強不足というかほぼ手付かずでしたので、断念しました。

8月までまだ5ヶ月もある。

今度こそ受験してみせる(合格してみせる、ではないところが悲しいですね)

 

 

1ヶ月前になっていましたがほぼ手付かずのままでした

気づけば・・・受験申込期間が過ぎていた

そして、じっさいに受験したのは翌年3月でした

スポンサーリンク

消防設備士  4類には甲種と乙種がある

 

4類は自動火災報知機、ガス漏れ火災警報装置、消防署に連絡する火災報知設備に関する資格です。

甲種と乙種に分かれています。

甲種は、乙種(点検)にプラスして、工事もできる資格です。

 

 

消防設備士類別の内容

 

特類(甲のみ)特殊消防用設備

1類(甲・乙)消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火器設備

2類(甲・乙)泡消火設備

3類(甲・乙)不活性ガス消火設備、ハロゲン化物消火設備、粉末消火設備

4類(甲・乙)自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、消防機関へ連絡する火災報知設備

5類(甲・乙)金属製避難はしご、救助袋、緩降機

6類(乙のみ)消火器

7類(乙のみ)漏電火災警報器

 

 fire alarm2

rgaudet17 / Pixabay

 

ちなみにこの表(?)は試験でも出題されます。

 

 

甲種と乙種の試験における違いは?

 

乙種は点検と整備がおこなえます、甲種はそれにプラスして工事もできます。

「甲種も乙種も難易度はかわらないから、4類は甲種がお勧め」と職業訓練校の先生が言っていました。

しかし、文系素人にとっては甲種と乙種は、難易度において大きな差があるように思えてならない。

 

試験概要において違うところは?

 

甲種乙種
受験料¥5,000円¥3,400円
試験時間3時間15分1時間45分
問題数(筆記)45問30問
問題数(実技)5問5問
問題数(製図)2問なし

 

上記のように問題数試験時間に大きな違いがあります。

そして、甲種には製図が加わってきます。

 

 

受験資格と免状申請と義務講習における違いは?

 

乙種は受験資格なしです。

対して、甲種の受験資格はかなり厳しいです。

 

 

 

費用に関しては、受験費用以外(5000円と3400円)は、甲も乙もかわりません。

免状申請には2800円の証紙(収入印紙ではない)が要ります。

義務講習の費用は、共に7000円です。

 

 

※ただし管理人は講習を受けるつもりは全くないです。

その理由は下記のページに書きました ↓

 

 

難易度から甲種と乙種を比べてみる

 

甲種はかなり難しい  電気の知識が必要です

 

当初は電気工事士2級の免状が来たので、甲種4類を受けようと思っていました。

しかし、甲種4類は予想以上に難しく、勉強を始めてもすぐに挫折していました。

そして、3月の試験をパスしてしまいました。

※8月の試験もパスして、1月の試験もパスしてしまいました

 

難易度がかなり違います。

 

 

免除科目から見る乙種と甲種の免除の実態

 

筆記試験では、他の乙種の免状がある場合には乙4なら「消防関係法令の共通部分が免除になります」

そして、乙7を持っていれば、プラスして基礎的知識さえも免除です。

しかし、乙種消防設備士の資格で、甲種消防設備士試験の科目免除を受けることはできません。

筆記の問題数が違うからです、なんと15問も甲種の方が多いです。

 

 

公式ページに免除の早見表が掲載されています。

一般財団法人 消防試験研究センター

 

 

 

「甲種も乙種も難易度はそんなに変わらないから、受けるのなら甲種がいい」という意見にもうなずける部分はある。

しかし、乙種よりも甲種のほうが圧倒的に範囲が広いのは事実です。

 

 

 

なによりも、甲種には製図がある。

 

多分、1ヶ月ほど時間をかけて製図だけを勉強すれば、製図もマスターできるのかもしれない。

※製図の勉強をすれば、図面も苦にならないかも・・・

 

 

しかし、そこまでする価値があるのだろうか?

リスクのほうが大きすぎないか?

乙種でなく甲種を受けることにより、不合格の可能性は高くなる。

 

 

資格試験は受かってなんぼのものです。

いくら知識があろうと実務ができようと、無資格者は無資格者のままです。

「乙種なら受かる自信がある、しかし甲種なら微妙」という段階までは、管理人2はいけたと思う。

少し前に「消防設備士乙4」を受けてきました。

 

免除をしなくて大失敗したので、合否は微妙です。

しかし、たとえ不合格であったとしても、次回は合格する自信があります。

 

 

消防設備士の資格試験は、「筆記試験は、勉強さえしておけばまず落ちない試験」です。

問題は記述式の実技試験なので、そこには運の要素が伴います。

当然、製図試験も同様です。

 

 

ゆえに、ギリギリで合格を目指している管理人2のような人には、甲種と乙種の間には、難易度においても断崖絶壁が存在する。

 

実用性から甲種と乙種について検証してみた

 

甲種は自動火災報知設備の工事ができる資格です。

受験資格に大きな違いがあるので、当然ですが甲種の方がはるかに価値がある。

防災関係の仕事をするなら、4類は乙種でなく甲種が望ましい。

 

 

しかし断言する、管理人2が工事をすることは一生ないです。

おそらく、防災盤等の整備をすることもないと思います。

思うではなくて、整備も絶対しないです。

※でも甲種が欲しい

 

 

もともと消防設備士の資格は、ビルメンにとって必須ではないと思う。

4消防設備士4類と6類に関しては、知識として知っておいたほうがいい」という程度かも。

 

 

 

まれに某大手独立系設備管理会社のように、消防設備士の甲にだけ資格手当が付く場合がある。

もしその会社に入ったら、その時点から甲種の勉強をすればいいだけのことかも。

その場合には多少のメリットはあると思うが、少なくとも今の会社では甲種も乙種も資格手当ては付かないです。
「電験、ビル管理士、消防設備士甲種4類」は、選任しなくても手当てはつくみたいでした。

 

 

Deal11.05

geralt / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

結論みたいなもの

 

不合格の可能性を少しでも減らしたいので、今のところ「今回の結論は乙種をうける」かな?

乙種に高得点で合格すれば、甲種は製図だけの勉強で合格できるはず。

乙種に合格しても免除科目は増えないが、記憶した知識はしばらくの間は消えないはず。

 

※乙種消防設備士の資格で、甲種消防設備士試験の科目免除を受けることはできません。

消防試験研究センター

 

若い人で、将来は消防設備会社の仕事をするかもという人には、甲種がいいと思う。

しかし、ビルメンにとってはもちろん甲種のほうがいいに決まっているが、工事をすることがない以上乙種でもかまわない。

もともと、ビルメンにとってはそれほど重要度の高い資格ではないので、勉強時間と不合格になる可能性が増えることを考慮にいれて、「乙種を受験しようかな」という感じです。

 

 

 

最後までお付き合いくださって、ありがとうございました。

皆様の健闘を願っています。

少しでもお役にたてれば幸いです。