[資格試験]  合格のために受験申し込みが1番大事?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 833

少し前の話です。

[資格試験] 延期という考えもありなのかも?

[資格試験] 延期したら色々なことができました というのを書きました

私生活が忙しくて、なかなか集中して勉強する時間が取れません。

忙しさを理由に、消防設備士甲種4類の資格試験の申し込みを延期しました。

試験は約1ヶ月後なので、本来なら試験に向けて勉強をしているはずでした。

しかし、今回は申し込みをしていない。

資格試験の受験予定がしばらくない状態で、はたしてどれぐらい勉強をするのかを検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

消防設備士甲種4類

消防設備士甲種4類については、以下のページで書きました。

[消防設備士4類] 免除について

[消防設備士 ] 確実に合格するための勉強方法 そして4類の頻出事項

消防設備士の中では、一番に必要な資格だと思います。

Fire, Fighting

Comfreak / Pixabay

しかし、そこそこ難しいです。

また、製図という訳のわからない出題もあります。

そして、電気に関する基礎知識は、免除しない方向で・・・

消防設備士甲4の科目免除に関する事については、以下のページに書きました。

消防設備士甲4類 科目免除どうしよう?

準備期間が限られていて、しかも期間が余りない時には、科目免除でいいと思う。

しかし、準備期間が充分にあるときには、電気に関する部分は少しやれば確実に点数の取れる部分なので、科目免除をしない方向でいこうと思っています。

はたして電車では勉強するのか?

月に4,5回ほど、電車で移動しています。

片道は1時間ぐらいなので、一月に8時間~10時間は、電車の中にいることになります。

月に10時間は、かなりの時間です。

今までは、この時間を利用して、問題集をザッと読んだり、手帳にまとめていた暗記項目の確認等をしていました。

Train

Tama66 / Pixabay

3日ほど前に電車に乗りました。

ラッシュの時間ではないので、楽勝で座れました。

しかし勉強はしませんでした、単純に音楽を聴いていただけです。

昔の洋楽が無性に聞きたくなって、Ipod Tatchでイヤホンを使ってました。

カバンの中には、消防設備士4類の問題集もありました。

暗記要綱だけをまとめた手帳も、ありました。

しかし、ただ音楽を聴いていただけでした。

余談ですが、アップルは本当に音質がいいですね。アンドロイドのスマホで聞くのとは、音質がぜんぜん違います。素人でも感じます。
アイホン愛用者の気持ちが、理解できます。Ipod Tatchは第2世代を使っています、本当に大昔の製品です。
しかし、最新のアンドロイドよりも、音質は数段いいいです。

そしてカラオケボックスでは、どれぐらい勉強するのか?

自宅では、勉強しない。

職場では、勉強できない。

電車でも、勉強しない。

未だに、勉強時間はゼロです。

というわけで、本日は休みだったので、勉強をするためにカラオケボックスに入ってきました。

[資格試験] カラオケボックスは第2の勉強部屋

やっぱり無理でした。

持ち込んだ問題集をひろげましたが、目で文字を追っているだけで、頭のなかには何も残っていません。

最近のカラオケボックスは、音質がすごくいい上に、カラオケ以外にテレビを観たり、音楽を聴いたりも出来ます。
前から聞きたかっ、たクイーンのボヘミアンラブソディのライブバージョンを、聞いて感動に浸ってました。

結局、3時間ほどいましたが、勉強時間はゼロでした。

Karaoke

Kaz / Pixabay

おそらく、心の奥底で「こんな試験に、半年もかける必要はない」という気持ちがあるせいだとは、わかっています。

しかし、どこかで勉強しなければ、今回のように2ヶ月ほど前に、時間がないから受からない等をいいわけに、また延期しかねません。

頭では理解できていても、腹のそこまでは、なかなか降りてきません。

※この後も受験機会がありましたが、またもや受験申し込み期間が終わっていました。

だらだらと勉強することに、意味はあるのか?

「だらだらと勉強する」ことに、意味はあると思います。

だらだらと繰り返し時間をかけて覚えていくことが、記憶の長期形成には効果的らしいです

また、計算問題等は時間がない時には、けっこう適当に答えを見ながら、やっていました。

しかし、実際に自分で計算もやってみないと、頭に残らないと思う。

ただ管理人2は、典型的な追い込まれないと何もしない人です。

だらだらでも、たらたらでも、ちびちびでも、何でもいいので、勉強を続けることができるなら、何もしないよりも数段いい。

ただし、資格試験勉強の目的は、資格試験に合格することなので、合格できなければ、意味はないと思います。

「そして勉強した資格に関しては、合格するまで受験し続ける」という姿勢が大切だと思っています。

つまり合格というゴールに少しづつは近づいているはずなので、「だらだら勉強も」多少の意味はあるはず。

Temptation11.14

AdinaVoicu / Pixabay

受験を延期した功罪

よかったところ

なによりも「試験を受けなくては」「勉強しなければ」という重圧感から逃れられたところ

そして、様々なことができたところ。

ブログも7個ぐらい、新しい記事を書くことができました。

飲みにも行ってきました。

読書もできた。

その他モロモロできました。

悪かったところ

なんといっても、勉強をしなくなったところです。

予定していた試験日まで1ヶ月を切っているので、通常であればソコソコは勉強していたはず。

しかし、申し込みをしなかったので、何もしていません。

まったく何もしていません。

申し込み」が、試験対策で1番大事かどうかはわからない。

しかし、「勉強のきっかけになる」というのは事実です。

皆様の資格試験対策が、上手くいきますように。

Ps・・・またやってしまいました

今日は7月4日です。

8月に消防設備士4類を受けるつもりでいました。

合格率を上げるため、甲種から乙種に変更して受験するつもりでした。

Sorry

qimono / Pixabay

しかし・・・

気づけば・・・

受験の申請期間が終わってました。

6月28日まででした。

しばらく受験する機会はないです。

さすがにこの試験で遠く他県まで出向く気にはなりません。

おそらく当分は勉強はしないでしょう。

やはり資格試験対策で1番大切なのは、受験申し込みをすることかも。

PsのPs・・・ 3回目です やってしまいまた

近隣の県で1月頃に試験があると思っていました。

11月になったので、そろそろ申し込みをしようと思っていました。

しかし、試験日は12/23で、申し込みは10/15~10/26でした。

11月1日なのでもちろん間に合いません。

またもや、やってしまいました。

管理人2は、本当にやる気のない粗忽者です。

少しでもお役に立てれば幸いです

また、どこかで・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする