【失業時代】 失業したらGoogle AdSense (アドセンス)

失業時代
jay88ld0 / Pixabay
この記事の所要時間: 745

 

グーグル・アドセンスはいつでも始めれますが、初心者には時間がかかる。

管理人2は最初の支払いを受けるまで、ネットや書籍でGoogleAdsenseに関する調べ者ばかりしていました。

ましてや、収益化まで考えると気が遠くなるような道のりです。

 

 

GooglAdSenseを始める時期は、時間のある時にそして金銭的な余裕のある時が、一番いいと管理人2は思っています。

しばらくは何も生まれませんが、いづれフロー収入(不労収入ではないですよ)になり、そしてストック(資産)にかわる可能性があります。

 

スポンサーリンク

GoogleAdSenseとは?

コンテンツ連動型広告配信サービスのことです。

このページにも1番上とサイドバーの真ん中辺り(たぶん人気記事の下ぐらい)と1番下のフッターメニュー(免責事項やプライバシーポリシーがある辺り)に貼ってあるはずです。

 

「・・・はずです」という訳は、自動広告にしているので位置を指定していないからです。

 

 

Google,

geralt / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Google AdSense(グーグルアドセンス)は、Googleの提供しているコンテンツ連動型広告配信サービス。

コンテンツ向けAdSense (AFC)
検索向けAdSense (AFS)
動画向けAdSense (AFV)
ゲーム向けAdSense (AFG)
といった4つの種類がある。

概要
日本では2003年12月一般向けに募集を開始[1]。ブロガーなどに広まり急速にシェアを広げた。

広告の内容は、コンテンツに連動したものかユーザーのGoogle検索履歴に関連した広告が自動的に配信される[2][3]。

初期費用や月額料金などは一切かからず、サイトを所有していれば誰でも申込が可能であるが、サービスを開始する前にGoogleの審査を通過する必要がある[注 1]。アダルト関連のサイトや、暴力的なサイト、極端にコンテンツの少ないサイトなどは審査の段階で断られる。以前は無料レンタルブログでも合格できたが、2016年4月ごろから審査には独自ドメインが必須となった。

Wikipedia

とWikiではなっています。

 

 

yuka

 

 

 

 

 

 

 

 

独自ドメインで作らないといけないので、その辺りもめんどくさい部分はあります。

しかし、完成さえしてしまえば、後はメンテナンスするだけで・・・

詳しいことは別のサイト(kizukeba.com)に書きました。

[Google AdSense] 新サイトで申請したら 、なんと2日で通りました

[Google AdSense] 広告の場所を変更したらクリックが5倍になりました

[Google Adsense]  PINコードが届かない時にできる3つの事

 

 

 

審査がかなり厳しいです

審査についてもWikipediaに割と詳しく載っています。

 

このサイトでは「フリー素材ばかりをつかい自分で撮った写真がないサイト」

というのが、不具合事項に当てはまりそうです。

リアルとネットを分けているので、基本的に自分で撮った写真は載せません。

ただし、Twitterにはほんの少し載せていますので、そこから埋め込みをする可能性はありますが、ほとんどの写真がフリー素材でしかも使いまわしが多いです。

 

 

Google

422737 / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

もちろん審査基準とアドセンス違反基準は違いますが、用心するに越したことはないです。ら

何故ならば、アドセンスは1人につき1つ限定です。

そして、一度失ってしまうと、二度と使えません。

 

 

アフィリエイトの方が儲かると思うが

 

アフィリエイトとは?

成功報酬型広告のことです。

アドセンスがクリックだけで報酬が発するのに対して、商品を買うなり申し込みなり成果が出たものに対してのみ報酬が支払われるサービスです。

Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイト、A8ネット等が有名です。

 

 

成功報酬型広告(せいこうほうしゅうがたこうこく[1])、アフィリエイト・マーケティング[2]、アフィニティ・プログラム[3]、アソシエイト・プログラム[4]、アフィリエイト・プログラム[5]とは、特にインターネットのWWW上における広告形態をさし、ある広告媒体のウェブサイトに設置された広告によってウェブサイトの閲覧者が広告主の商品あるいはサービス等を購入し、生じた利益に応じて広告媒体に客引きの成功報酬を与える一連の形態をさす用語。単にアフィリエイト (affiliate)、縮めた形でアフィリ、アフィと呼ばれることが多い

Wiki

 

 

つまり「サイトに広告を貼って商品が売れたら報酬が出ますよ、」ということですが、アフィリエイトの方が利益になる理由は、単価が大きいからです。

 

 

またアフィリエイトの中にもクリックだけでというところもありますが、クリック単価がグーグルとはくらべものになりません。
アドセンス禁止サイトに、グーグル・アドセンスの替わりに使うぐらいだと思います。

 

 

 

Teacher

Berzin / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜアフィリエイトではなく、アドセンスなのか?

 

失業ということは、いづれまた就業するはず。

新しい職場でなれるまでは色々と忙しいと思います。

アフィリエイトは恒常的に作業がいります。

 

 

その点グーグルアドセンスはブログを更新するだけ、広告自体は自動で貼ってくれます。

場合によっては何もしなくても・・・勝手に利益が上がっていきます。

 

 

しかしAdSenseで送金してもらうまでの道のりは長い。

AsSense通過さえ、最初は本当に大変でした。

というわけで、いづれ忙しくなる失業時代には、GoogleAdSenseをお勧めします。

 

 

結論とPs・・・

 

[失業時代] 失業したらポイントサイト

というのを本当は書きたかったのですが、ポイントサイト紹介サイトにグーグルの広告を貼るのは、アドセンス違反です。

 

Google

FirmBee / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

このサイトに 【失業時代 失業者にポイントサイトを勧める4つの理由】 を書いても、違反にはならないとは思います。

しかし、「ポイントサイト紹介サイトの紹介ページ」 となってしまうので、グレーに近いホワイトっていう感じですかね。

 

というわけで、かるーくリンクだけ貼っておきます。

[失業時代]  失業者にポイントサイトを勧める4つの理由

 

 

少しでもお役にたてれば幸いです。

また、どこかで・・・