退職が決まったらやっておきたい4つの事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 620

このページは退職を決意した人や、退職を余儀なくされた人に読んでもらいたい。

定年退職以外の退職は、大変なことだと思う。

管理人は定年退職はしたことがないが、退職自体は何回か経験しています。

ストレスがたまる生活でした。

残った在職期間を、感情に流されずに、少しでも有意義に過ごしてもらいたい。

感情の赴くまま行動しても、いいことは何もない。

スポンサーリンク

1、有給休暇について

退職が決まったらまたは決意したら、在職中にしかできないことを洗い出すといい。

有給休暇~給与生活者だけが使える権利

会社に気兼ねなどせずに「有給を取れるだけとればいい」と思う。

といっても実際は取りにくいが、労働者の権利ではある。

有給をとってのんびりしたり、旅行したり、在職中とはまた違った気分で楽しめるかも。

「休んでいる間も給料を貰える」

自営経験者には、最高の時間にかんじるかも。

もちろん逆に自営の方が有利に働く場面も多い。

経費や税金面など自営業者の方がめぐまれている部分も多いけど、自営業者には「有給」はない。

面倒くさがらずに、有給の申請だけはすることを勧める。

業務の引継ぎ等が終わっている場合には、認められると思う。

仕事が残っていて出社が必要な場合には、有給の買取を申請すればいい。

直属の上司が有給の買取をしぶった場合には、総務課へ直接申請すればいいとおもう。

最初に勤めたブラック企業でも、買取を申請した翌日に1ヶ月間の有給休暇が認められた。

Ps・・・転職時の有給休暇について

転職時の有給消化について、耳寄りな話をネットで見ました。

有給消化ができていない状態で、転職先に勤めるような場合には、勤めながらでも前職で残っている有給消化ができそうです。

有給消化中を伝えるのは、新しい転職先だけでよさそう。

転職先に伝えなければいけない理由は、厚生年金や健康保険は重複してもかまわないが、雇用保険(失業保険)だけは重複できないからです。

そしてたとえ、「前職が兼業禁止の社内規定がある場合でも、辞めるのを前提とした有給消化の場合には、会社に迷惑をかけない」という見解も間違ってはいないと思う。

2、クレジットカード等の取得

もしクレジットカードを持ってない人がいたら、在職中に作っておいたほうがいいと思う。

クレジットカード会社は、無職の人間にはカードを発行しない

クレジットカードでしか、決済できないこともある。

(例えば、キャリヤではない通信料の安い携帯電話等)

Credit, Card

stevepb / Pixabay

昔なら、デパートのカードで駐車料金が無料になったうえ、どんな商品でも8%まで引いてくれるサービスがあったりもした。

「クレジットカードを、持たないのでなく持てない」というのは、惨めな気持ちになることもある。

ローンカードを作れとまでは言わない。

しかし、年会費無料のものであれば、1枚ぐらいは持っててもいいかも。

もちろんローンカードも、無職のものには作れない

やってしまって後悔したこと、それは借金の任意整理

借金の任意整理を、やるなといっているわけではない。

色々と比較して、ネットで評判も調べて、よく考えてからにした方がいいということ

しかし、管理人はポストに投げ込まれていたチラシにつられて、軽い気持ちで任意整理をやってしまった。

しかも、チラシの司法書士がとんでもない奴だった。

天満(大手町?)の法務局の近くで、親子2代で営業しているから大丈夫だろうと思っていたが・・・・・・本題とは関係ないのでここでやめます。そして、10年近く過ぎても、もちろん後悔している。

配偶者に内緒の借金が少しあり、先行きの不安から、思わず任意整理をやってしまった。
大した金額でもなかったうえ、それ以上の貯金もあった。しかし、目先の欲に目がくらみ、つい任意整理をやってしまった。
そのうえ、金利をかからないのを理由にして、一括返済ではなく、5年もかけて返済した。
困ったことは借金完済も5、年間はクレジットカードが作れないこと。

つまり、10年間クレジットカードなし。

もし、10年が過ぎたタイミングで失業していたなら、またしばらくは作れない

失業を機会に、考えてもいいこと

3、自家用車の処分

特に都会に住んでいて走行距離も少ない場合は、車の処分を検討してもいいと思う。

駐車場代に2万円、任意保険に5千円、税金4千円、その他にも車検代、メンテ代、車本体の代金等、いろいろとかかる。

走行距離の少ない人は、全てタクシーを利用したほうが安いかも

ただ、管理人の場合はタクシーはほとんど使わずに、電車を使っている

Ps・・・自家用車の処分にも有利な方法がある

車を処分する場合も、相見積をとることをお勧めする。ネットで見積もりをするだけでも、お金やポイントをもらえることがある。

そしてもう1つポイントサイトも通せば、プラスお小遣い程度にはなります。

4、職業訓練所への入所

この後のページに詳しく書いているが、職業訓練所の入所には、かなりの特典がある。

3分ほどで読めると思うので、つづけて読んでほしいです。

Job training

geralt / Pixabay

まとめ的なもの   客観的に判断

全員がそれぞれ状況が違うので、一概には言えないが、よく調べて、自分で考えて、そして誰かに相談するということが大切だと思う。

とくに相談するということは、客観的な意見や、違った方向から意見をもらえるということなので、かならずしたほうかいいと思う。

同じことをやっても、やり方によっては、得することも損することもある。

特に車の売却やクレジットカード取得などは、ポイントサイトを経由するだけで10万円ぐらいは多くもらえることが多い。

詳しくはこちらを見てください→→ポイントサイトの仕組み

ps・・・書類に署名押印するときはくれぐれも慎重に。

最後に一つだけ付け加えたい。

「サインする時は慎重に」

納得いかないときは絶対にサインしないこと。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

皆様の退職生活が、有意義なものになりますように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする