【ビル管理士 メモ2】 2、建築物の衛生環境

Learning 2ビル管理士
この記事の所要時間: 1128

ビル管理士資格試験用の「メモ2」は、「建築物の衛生環境」編です。

出題数は25問(全180問)

足きりの40%は10問です。

 

まずは、厳しく採点して4割以上を目標にしてみます。

スポンサーリンク

序章

 

要点まとめへのリンクを下に貼っておきます↓

 

建築物の衛生環境は、25問出題されます(180問中)。

16/25 で64%です。

足きりラインの40%は、10問/25問 になります。

 

 

出題数が少ないので、点数を稼ぐ必要はないと思います。

しかし、足きりだけは避けないと不合格になります。

 

 

暗記事項は多いけれど、選択肢を減らすためには、確実な暗記が必要です。

 

 

要点をザックリ覚えたら、問題集を利用してアウトプットを繰り返す勉強方法が最適かな?

 

室内環境と人の関わり

 

生体機能の恒常性:

環境が変化しても、体内の体温や血糖値などを一定に保って、生命を維持しようとする機能(ホメオスタシス)

人体

器官

自律神経、消化、呼吸、循環機能

 

体熱、代謝

 

直腸温 > の皮膚温 > 手足の皮膚温

 

恒常性の維持

フィードバック:

受容器 → (神経) → 調節中枢 → (神経) → 効果

 

熱環境

温熱指標

 

有効温度  :気温、湿度、気流

修正有効温度:有効温度+放射

新有効温度 :修正有効温度+作業量+着衣

 

人体への影響

冷房障害

冷房障害の症状 :血管の収縮による血量の減少

冷房障害への対策:室温と外気温の差を7℃以内

 

熱痙攣

熱痙攣:低ナトリウム血症

 

 

アレルギー、シックビル

 

アレルギー

 

  • 免疫グロブリン:
  • ヒスタミン  :アレルギーに似た症状だが、アレルゲンではない

 

シックビル症候群

ホルムアルデヒト:

常温で体、可燃性、溶性、発がん性、刺激臭

 

ホルムアルデヒト(ホルマリン)に関しては、冷凍機械責任者ででてきましたね。

 

気管支喘息

アレルゲン:ダニを含む家屋じん(ハウスダスト)が最多

予防   :湿度を上げる

 

アスベスト、結核

アスベスト

 

  • 自然界に存在する繊維状物質
  • 肺の繊維化、じん肺、中皮症肺癌
  • 過敏性肺炎の原因物質ではない

 

結核

飛沫核感染

 

たばこ

 

  • 健康増進法による受動喫煙防止の努力義務
  • 空気清浄機の除去量: 粒子状成分 > ガス状成分
  • 分煙降下の判定基準: 浮遊粉じん一酸化炭素

 

 

酸素

労働安全衛生法

酸素濃度18%未満

 

酸素濃度と健康障害

 

20~30%  :正常

17~16%  :呼吸、脈拍の増加、めまい

14~15%  :呼吸困難、注意力の低下

11~10%  :眠気、動作の鈍化

7~6%   :知覚消失

4%     :卒倒、死亡

 

二酸化炭素

二酸化炭素濃度と健康障害

3~4%  :頭痛、血圧上昇

6%程度  :呼吸困難

7~10%  :意識不明

 

大気中と呼気の濃度

大気中  :0.04

呼気   :4

 

建築物衛生法

建築物衛生法上の必要換気量の目安:

0.1%以下

 

 

一酸化炭素    「血中CO-Hb濃度と健康障害」

 

0~5%   :無症状

20~30%   :頭痛

30~40%   :めまい、失神

50~60%   :呼吸困難、けいれん

60~70%   :昏睡

70~80%   :呼吸抑制、死亡

 

オゾン

 

  • 大気中では、外線による化学反応、落雷の放電で発生
  • 室内では、レーザープリンター等の高電圧機器から発生
  • 臭気あり
  • 水に溶けにくい
  • 吸入すると肺の奥まで達する
  • 光化学オキシダントとして、大気汚染の環境基準が定められている

 

 

二酸化硫黄  「環境基準 0.1ppm以下(1時間)」

 

0~1ppm      :刺激臭

5~10ppm    :咳、のどの痛み、喘息

20ppm程度  :目の刺激

400~500ppm :呼吸困難、死亡

 

 

電磁波

電磁波

 

波長    :外線 > 可視光線 > 紫外線

レーザー光線:単一波長、網膜損傷を起こす

マイクロ波 :周波数300MHz~300GHz 、白内障を起こす

 

赤外線

 

  • 用途   :工業用加熱装置
  • 生態影響 :白内障、網膜障害、熱中症、皮膚血管拡張、代謝促進

 

 

紫外線

 

  • 用途   :殺菌
  • 生体影響 :電気製眼炎角膜障害、ビタミン形成、皮膚の紅斑、ひふガン(色腫)

 

 

 

電磁波放射線

 

  • 人体に対する影響度の単位 :シーベルト(SV)
  • 確定的要因       :皮膚潰瘍、脱毛、不妊、消化器障害
  • 確率的要因       :遺伝子異常(胎児奇形等)、白血病、発ガン(甲状腺ガン等)

 

 

人体と水

水分

 

  • 成人の体内水分量 :体重の50~70%(細胞内液40% 、細胞外液20%)
  • 体内水分量    :性>女性   若年者>高齢者  小児>成人
  • 成人が生理的に必要な水分量 :約1.5L/日
  • 成人が食物から摂取する水分量:0.4 ~0.5L/日

 

水分欠乏率

 

  • 2%  :強い渇き
  • 6%  :手、足のふるえ
  • 8%      :呼吸困難、チアノーゼ
  • 10%  :失神、腎機能不全
  • 18% :尿生成の停止
  • 20% :死亡

 

尿

 

成人が排泄する尿量 :1~2L/日

成人が生理的に必要 :0.4~0.5L/日

 

水質基準

 

  • カドミウム    :イタイイタイ
  • 有機水銀     :水俣病
  • ヒ素       :発がん性あり、皮膚の色素沈着や化、毒性は結合形により異なる
  • トリクロロエチレン:洗浄用の有機エチレン系溶剤、消毒副生成物ではない
  • 大腸菌      :検出されないこと

 

 

水系感染症

水系感染症の特徴

 

  • 患者  :期間に爆発的に発生し、給水範囲に重なる。性別、職業には無関係。
  • 特徴  :季節に左右されない。致死率が低く、軽症例が多い。

 

 

水系感染症の病原体

  • ノロウイルス
  • ポリオウイルス
  • クルプトスポリジウム:詳細は次段落
  • 赤痢
  • 赤痢アメーバー
  • コレラ
  • 腸チフス
  • パラチフス

 

 

クリプトスプリジウム

 

  • 病原菌  :原虫。塩素に抵抗性人間以外にも発病
  • 潜伏期間 :1週間。  指標菌(大腸菌等)の検査が有用

 

ノロウイルス

 

  • 食中毒の原因。感染力が強い。季を中心に発生
  • 症状:嘔吐、下痢、発熱

 

病原体と感染症

 

  • 原虫     :マラリア、クルプトスポリジウム、
  • 真菌     :白癖症、カンジダ
  • リケッチア  :発疹チフスつつが虫
  • 細菌     :ペスト、コレラ、レジオネラ症(詳細は次段落)、結核
  • ウイルス   :B型肝炎、日本脳炎、麻しん、インフルエンザ
  • スピロヘータ :梅毒

 

レジオネラ症

 

  • 間接伝染する類感染症
  • 病原体は自然界の土中淡水に存在
  • 20~50℃で繁殖

 

感染症対策(3種類)

 

  1. 感染源対策
  2. 感染経路対策
  3. 感受性対策

 

薬液消毒剤

減菌と消毒

 

  • 減菌 :すべての微生物を死滅
  • 消毒 :病原菌のみを死滅

 

 

 

薬液消毒剤

 

  • ホルマリン     :芽胞に対し有効
  • 消毒用エタノール  :芽胞に対し無効
  • 次亜塩素酸ナトリウム:有機物が多いと効果が減退
  • クレゾール     :臭気があるため食器、食物に不適
  • 逆性石鹸      :ウイルスに対する効果が薄い

 

その他(消毒、減菌に用いられるもの)

 

  • γ
  • 外線
  • 酸化エチレン
  • オゾン

 

 

室内の光と照明

光環境と視覚

光環境

・照度 :

・輝度 :まぶしさ(グレア)の指標

・色温度:い~みを帯びた光

低い~赤みをおびた光

 

視覚

 

  • 視力  :0.1lx付近で大きく変化
  • 錐体細胞:感光度が低く、明るい時に働く。赤・青・緑に反応
  • 杵体細胞:感光度が高く、暗いときに働く。

 

照度基準、VDT作業

JIS照度基準

 

  • 750lx :製図室、事務室、玄関ホール(
  • 500lx :会議室、印刷室、応接室、診察
  • 300lx :化粧室、エレベータホール、食堂
  • 150lx :階段
  • 100lx :下、エレベータ、玄関ホール()、倉庫、休憩
  • 50lx  :屋内常階段

 

 

VDT作業   ( コンピュータや監視カメラを用いた作業)

 

・推奨照度 :画面500lx以下

:書類、キーボード300lx以上

 

・疲労の原因:画面と書類の輝度・距離の差。画面の映りこ

 

 

色彩

色彩

 

  • 色彩の表現:色相、明度、彩度
  • 色相   :色は進出色、寒色は後退色
  • 明度   :い色は重圧感、るい色は軽量感
  • 彩度   :いとはつらつ、新鮮。低いと渋みや落ち着き。

 

安全色

 

  • 赤  :禁止、停止
  • 黄赤 :危険
  • 黄  :注意
  • 緑  :安全状態
  • 青  :指示、誘導
  • 赤紫 :放射
  • 白  :通路

 

 

音と騒音

 

音・騒音

音に関する事項

聴覚の周波数特性:A特性

 

各周波数の値

 

  • 可聴周波数  :20Hz~20,000ヘルツ
  • 音声の周波数 :100~4,000Hz
  • 敏感な周波数 :4,000Hz
  • 難聴の初期低下:4,000Hz付近
  • 聴力レベル想定:1,000Hz、4,000Hz

 

振動

振動の知覚

 

  • 全身で知覚
  • 振動の方向、周波数により異なる
  • 敏感な周波数:垂直振動4~8Hz、水平振動1~2Hz
  • 振動感覚闘値(知覚できる最小値)55db

 

振動障害

 

生理的影響       :100db以上

運転業務の振動障害   :垂直振動に起因

レイノー現象(白ろう症):局所振動に起因

 

振動レベル

 

  • 振動感覚補正を行った加速度レベル
  • 基準化速度:10のマイナス5乗 m/s
  • 単位   :dB(デシベル

 

このページのまとめ

 

  • 建築物の衛生環境は25問出る
  • 半分は取りたいので、正確な暗記が必要
  • 問題集でアウトプットが効果的

 

 

読了、ありがとうございました

また、どこかで・・・