【ビル管理士 講習】 建築物衛生環境技術士をかんたんに取得

Fast 04.10 ビル管理士
OpenClipart-Vectors / Pixabay
この記事の所要時間: 725

「いまさら勉強・・・」

と、つい思ってしまいます。

人間の脳が加齢では低下しないということを知っていても、意欲の低下は前頭葉の老化と男性ホルモンの減少が原因なので、しかたがない部分もあります。

 

「建築物環境衛生管理技術者資格試験」いわゆる「ビル管理士」の試験は、合格率が低いです。

管理人2の現場でも、試験に何ども落ちている人がいます。

今回は試験範囲が以上に広くて、根気が必要な「ビル管理士」を、講習で取得する方法について考えてみた。

スポンサーリンク

ビル管理士 講習日程  会場によって日程が違います

開催日程(令和元年度)

講習期間講習会場受付期間
2019年
6月4日(火)~6月21日(金)
阪急千里中央ビル9階
大阪府豊中市新千里東町1-4-1
2019年
3月26日(火)~4月1日(月)
6月18日(火)~7月5日(金)三田国際ビル1階
東京都港区三田1-4-28
4月9日(火)~4月15日(月)
7月9日(火)~7月27日(土)福岡生活衛生食品会館5階
福岡県福岡市博多区千代1-2-4
5月8日(水)~5月14日(火)
8月21日(水)~9月7日(土)阪急千里中央ビル9階
大阪府豊中市新千里東町1-4-1
6月13日(木)~6月19日(水)
8月27日(火)~9月13日(金)ビルメンテナンス会館
北海道札幌市中央区北3条西17-2-3
6月20日(木)~6月26日(水)
9月3日(火)~9月21日(土)三田国際ビル1階
東京都港区三田1-4-28
6月27日(木)~7月3日(水)
10月7日(月)~10月26日(土)三田国際ビル1階
東京都港区三田1-4-28
7月30日(火)~8月5日(月)
10月15日(火)~11月2日(土)大成今池研修センター
愛知県名古屋市千種区今池4-3-23
大成今池ビル
8月6日(火)~8月13日(火)
10月21日(月)~11月9日(土)阪急千里中央ビル9階
大阪府豊中市新千里東町1-4-1
8月14日(水)~8月21日(水)
10月29日(火)~11月16日(土)卸町会館4階大会議室
宮城県仙台市若林区卸町2-15-2
8月22日(木)~8月28日(水)
11月5日(火)~11月22日(金)三田国際ビル1階
東京都港区三田1-4-28
8月27日(火)~9月2日(月)
12月3日(火)~12月20日(金)テクノプラザ愛媛
愛媛県松山市久米窪田町337-1
9月26日(木)~10月2日(水)
2020年
2月4日(火)~2月22日(土)
三田国際ビル1階
東京都港区三田1-4-28
11月26日(火)~12月2日(月)
2月25日(火)~3月13日(金)阪急千里中央ビル9階
大阪府豊中市新千里東町1-4-1
12月12日(木)~12月18日(水)
3月2日(月)~3月19日(木)三田国際ビル1階
東京都港区三田1-4-28
12月18日(水)~12月24日(火)

 

 

The reason

luxstorm / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

令和元年度の「試験日程」も載せておきます

※2019年度のビル管理士の試験日程が発表されました。

日程は以下の通りです。

受験受付開始 :2019年5月9日(木)

受付締め切り :2019年6月17日(月)

試験日    :2019年10月6日(日)

 

試験で取れる方は試験で・・・

「でも電験と違い、登録番号で試験合格か講習取得かはわからない」らしいです。

 

「ビル管理士」の講習受講

受講資格

受講資格は多岐にわたりますが、医者や技術師が「ビル管理士」に興味があるとは思えません。

現実的には「電験3種」か「冷凍機械2種」ぐらいかな?

※「冷凍機械2種」を講習で取って、「ビル管理士」も講習で・・・というパターンが楽そうです

 

 

1、学歴

理系で衛生に関する大学卒

工業高校卒で、衛生に関する実務5年以上

 

2、免状

医師はオッケーですが、歯医者、獣医師、薬剤師はだめです。

1級建築士や技術士もオッケーです。

電験3種と冷凍機械2種は、2年の実務経験で受講できます。

 

受講資格については、以下の公式サイトで確認できます。

 

受講料 ¥108,800円  講習期間 2週間以上

受講料は\10,8800円と少し高いです。

また受講できる会場がそれほど多くありませんので、交通費が非常に高くなったり、宿泊費が高額になってしまう可能性もあります。

会場は、北海道、東京、名古屋、大阪、福岡など大都市がほとんどです。

 

そして講習会は、その期間が2週間以上(16日間~19日間)もあるため、仕事を持ちながら受講することは、なかなか難しそうです。

 

ゆえに、会社命令で会社に費用を出してもらうのが一番いいですね。

お金はともかく、2週間はキツイ。

 

Secret 04.10

AllClear55 / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講習で取った人に話を聞いてみた

勉強をしなくても資格保有は可能です

電気の専門学校出身で系列系ビルメンに勤めながら、色々な資格を講習でとった方がいる。

その方の保有資格は?

電験3種     :講習

ビル管理士     :講習

電気工事士2種  :免除(卒業だけでもらえます)

危険物乙種4類  :講習はないので試験

 

一般的には取得が難しい資格を、なんと3つも無試験で取得しています。

「電験3種」と「電気工事士2種」は、電気科出身者の特権ですね。

しかし、「ビル管理士」は、電気とは全く関係ありません。

 

電験3種もビル管理士も試験では「不合格」だったらしい

若い時からビルメンをやっていて、自力(?)で取ろうとして時期もあったみたいです。

 

 

しかし、「電験」はともかく、「ビル管理士」までも何度か不合格だったとの事。

しかし、電気科を出ていたので「電験」を認定で取ると、しばらくして会社の方から「建築物環境衛生管理技術者」の資格を取るように言われ、講習で取得との事でした。

 

 

電気主任技術者の認定ついては以下のページにサワリが載っています。

 

このページのまとめ

 

会社が講習に行かせてくれれば、ラッキーです。

お金に関しては、「資格手当て」ですぐに回収できますが、2週間という期間は勤め人には難しい。

 

しかし、試験勉強は大変です。

特に内容が面白くない場合は、なおさらです。

 

 

ただ、若い人なら社命で講習にいける可能性もあります。

そういった可能性も考えて、「冷凍機械責任者2種」を取得しておくのもお勧めです。

2種の冷凍機械責任者の場合は、講習を受ければ試験が「法令」だけになります。

 

読了、ありがとうございました

また、どこかで・・・