【ニート 清掃業】 「ビル管理士」を取ってから、ビルメンに転職

New Job 09.30ビル管理士
FotografieLink / Pixabay
この記事の所要時間: 54

ニートを一生できる人は、死ぬまでニートでいいと思う

現実にこの国にもそういった人はいる

下手に働こうとして、事業を始められたりしたら、まわりの人間に大迷惑

スポンサーリンク

ニートの終焉を予感したら・・・なんでもいいから働こう

働いたら負け?

「働いたら負け」という言葉が流行っているみたいだが、負けではないと思うし、別に負けてもいいのではないのだろうか?

そもそも「ニート」している段階で、「負け」なのでは?

 

 

一生働かなくて大丈夫?

 

一生無職で大丈夫な人は、問題が無いと思う。

でも、そうではない人は、どっかで仕事をしなければ、衣食住の確保だけはしなければ・・・

 

そして、できれば老後の準備も・・・。

 

犯罪者になるよりは、働いたほうが・・・

ホームレスの末路は悲惨です。

冬になると外は寒い→暖かい刑務所に入りたい→万引きか窃盗→前科20犯。

そのような生活がしたい人間が、いるはずはない。

 

何でもいいから、自分の居場所と食い扶持を作るためには、働かなければ・・・

※もちろん、80歳まで「ニート」出来る人間は別です

 

このサイトでは、ニートさんに向いているであろう職業を色々と検証しています。

一番のお勧めは、1人現場の設備管理かな?

 

 

 

Rejection

dadaworks / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

コンビニ店員よりは、清掃業がお勧めかも

 

ニートを脱却した男性を何人か知っています。

コンビニ店員になったS君は、すぐに辞めてまた自宅警備員になったらしい。

しかし、清掃会社で正社員になった0君は、とりあえず2年以上続いている。

 

 

コンビニは、色々な客の相手をしないといけない

 

コンビニ経験者が口そろえていう事は、「クレーム常習客」と「万引き」への対応が大変とのこと。

そして、もう一つ。

仕事を教えてくれる先輩が、・・・   ・・・

 

やはり、人間相手は大変みたいですね。

 

清掃なら、ただ言われたところを掃除するだけ

 

清掃は技術は必要ですが、基本的には1人作業です。

「臭い」「汚い」かもしれないが、人間相手よりはマシかも?

 

何よりも人手不足の昨今、若ければ「清掃業」なら正社員で入社できる可能性大です。

 

2年以上清掃業務をやった0君に、「ビル管理士」取得を勧めてみたら、乗り気だった

 

とりあえずの手段として「清掃業」を選んだわけで、一生つづけようという気はない、との事。

設備管理に転身したいという気持ちも少しはあるみたいで、ボイラー技士と危険物の勉強をしているらしい。

 

そんな底辺資格より「ビル管理士」でも取ったら?

若いので、ビル管理の仕事なら簡単に見つかるはず・・・

そして、「ビル管理士」は、上級資格なので少しは待遇がいいかも?

 

2年以上清掃業務をやったので条件によっては、「建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)」の受験資格があるかも?

 

 

「ビル管理士」の試験内容は、広く深くです。

けっこう詳しい知識がないと、解けない問題が多いです。

そして、何よりも実務に沿った内容なので、設備管理をやるなら勉強しておいて損はないかな?

 

 

数学が全く駄目な人間でも取得できる上級資格が「ビル管理士」です。

持っていれば、老後にでも役立つかも?

「ビル管理士」については、このサイトで色々と書いています・・・

 

 

 

 

管理人2は、現況の年金制度をまったく信用していません。

可能であれば、掛け金を返してもらって、自分で運用したい。

 

 

Information 09.30

dadaworks / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのまとめ

 

  • ニートの終焉が近づいて、近々働かなくてはならない方には、清掃業がお勧めです
  • 基本的に1人作業なので、煩わしい人間関係からは逃れられます
  • そして、「ビル管理士」を取って、設備管理に転身というのもお勧めです

 

 

読了、ありがとうございました

また、どこかで・・・