【ビル管理士 メモ4】  4、建築物の構造理論

Learning 4ビル管理士
この記事の所要時間: 851

ビル管理士資格試験用の「メモ4」は、「建築物の構造理論」編です。

出題数は15問(全180問)。

足きりの40%は6問です。

スポンサーリンク

「建築物の構造理論」への対策

 

この章は要点をサラッと覚えておくだけでいいと思う。

最悪、6問(4割)取れればいいかな・・・

 

「ビル管理士要点まとめ」へのリンクを貼っておきます。

 

 

建築物の用語と単位

 

  • インバータ制御 :電動機の回転数制御、省エネ対策
  • コージュネレーション :発電の排熱を暖房、給湯に利用
  • サスティナブル :接続可能なこと
  • デューディリションズ :不動産等の調査、評価活動
  • BEMS :ビルエネルギー管理システム
  • CASBE :建築物の環境性能評価
  • COD :冷凍機等の性能係数
  • ESCO :エネルギーに関する種々のサービスの総称

 

 

 

単位については、接頭語の暗記が必要です。

下記のページに、暗記事項を載せています。

 

 

 

計画・設計・生産

 

間違えやすいところだけをメモにしてみました。

原寸図 :建築基準上に基ずく設計図書から除かれている

建築面積 :建物の水平投影面積(上から見た面積)

延べ面積 :各階の床面積の合計

 

設計図書・表示記号

 

 

上記のページに、ビル管理士試験にでる建築記号を載せています。

 

 

  • 仕様書の記載事項 :成分・施行方法・品質・性能など。積算は記載しない。
  • 立面図 :建築物の東西南北4面の垂直断面投影図
  • 詳細図 :主要部分の拡大部
  • 展開図 :室内より北、東、南、西の四方を時計回りに描いた投影図
  • 短計図 :垂直方向の各部の寸法の基準や基準詳細を示す
  • 日影図 :冬至における日照状況を描く

 

 

基礎・構造

 

べた基礎  :底板一面で支える基礎。地耐力が弱い地盤に用いられる。

ラーメン構造 :柱と梁を剛接接合した構造

トラス構造  :部材を三角状にピン接合した構造、部材には軸方向の力のみ加わる。

シェル構造  :薄い曲面板からなる構造

壁式構造  :主要抵抗要素が板状の部材、低層の集合住宅に多用

免震構造  :基礎部分等にダンパー等を設定

制震構造  :各階などにダンパー等を設定

プレストラストコンクリート :圧縮力を導入したコンクリート

普通コンクリート  :圧縮強度 20 N/mm2 。空気長のCO2により中性化。

層間変形角 :各階の層間変異をその高さで除した値。地震を受けた時の建物の変形について規定

剛性率  :立体的なバランスに対する規定

筋交い :垂直構図に入れる斜材。 地震等の水平荷重に抵抗。

 

 

 

構造力学

 

固定荷重 :人間、家具などの積載荷重をふくまない

 

 

積載荷重の比較 :

  • 地震力算出用  構造計算用
  • 床設計用  架構(大梁など)設計用
  • 事務室  教室

 

 

熱性能

 

建築材料の熱伝導率 :

コンクリート  板ガラス  石膏ボード  木材(合板)  断熱材(ウレタンフォーム、グラスウール)

 

コンクリートと鋼の熱膨張率は、ほぼ等しい

 

 

建築材料

 

  • アルミニウム :比重は鉄の1/3
  • カーテンウォール :非耐力
  • コンクリート :圧縮強度、耐火性が高い
  • 普通コンクリート :単位当りの質量は、約2300kg/m3
  • 軽量コンクリート :単位当りの質量は、1500 ~ 1900kg/m3
  • テラゾ :人造大理石、床の仕上げ材に用いられる
  • 熱線吸収板ガラス :色ガラス
  • ブリージング :コンクリート打設後の
  • レイタンス  :コンクリート打設後の泥状物質
  • 木材  :400~470℃で自然発火
  • モルタル :セメント、水、砂を混合

 

 

輸送機器

 

エスカレータの定速速度

 

  • 勾配8度以下     :50m/min 以下
  • 勾配8度超30度以下  :45m/min
  • 勾配30超35度以下  :30m/min

 

非常用エレベータ

 

高さ31mを超える建築物は、建築基準法におり設置義務。消防隊用。

 

 

油圧式

 

昇降高さと速度に制限がある。低層用。

 

 

ロープ式

 

速度制御が広範囲に可能。中高層用。

 

 

ガス設備   都市ガスとLPガスとの比較

 

  • 発熱量  : 都市ガス < LPガス
  • 理論空気量: 都市ガス < LPガス
  • 供給圧力 : 都市ガス < LPガス
  • 比重   : 都市ガス < 空気 < LPガス

 

 

 

消防設備

 

 

ビル管理士試験で出る消防設備の問題は、主に消防設備士4類からです。

4類の頻出問題を集めたページを、参考までに下記に貼っておきます。

 

 

 

防災

 

フラッシュオーバー

 

  • 初期火災の火災盛期に起きる燃焼拡大の事
  • 機械排煙は、フラッシュオーバー後の排煙に無効

 

防災に関する用語

 

  • 防火性能 :延焼抑制する性能
  • 耐火性能 :倒壊、延焼を防止する性能
  • 火災荷重 :単位面積当たりの可燃物重量
  • マグニチュード :値が1大きくなると、エネルギーは約32倍
  • 気象庁震度階級 :震度0から震度7まで

 

建築関係法令

 

おそらく、「建築基準法」からは、1問以上は出題されるはず。

確実な暗記が必要です。

 

建築基準法

 

  • 目的 :建築物の敷地、構造、設備および用途にかんする最低の基準を定めること
  • 移転 :同一敷地内での建築物の移動
  • 特殊建築物 :学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、市場、ダンスホール、遊技場、公衆浴場、旅館共同住宅、寄宿舎、下宿、工場、倉庫、自動車車庫、危険物の貯蔵場、と畜場、火葬場、汚染処理場  事務所は含まれない
  • 居室 :居住、執務、作業、集会、娯楽他、継続的に利用する部屋
  • 主要構造部 :壁、柱、床、梁、屋根または階段
  • 主要構造部から除外される部分 :間仕切壁、間柱、附け柱、最下層の床、回り舞台の床、小ばり、ひさし、局部的な小階段、屋外階段
  • 構造耐久上主要部分 :基礎、基礎ぐい、壁、柱、小屋組、土台、斜材(筋交いなど)、床版、屋根版または横架材
  • 大規模の修繕・模様替 :主要構造部一種以上について行う過半の修繕・模様替
  • 建築確認申請 :申請者ー建築   確認者ー建築主事
  • 定期検査報告(特殊建築物、建築設備、昇降機設備) :検査者ー一級および二級建築士、資格者    報告先ー特定行政庁
  • 単体規定 :建築物自体に関する規定
  • 集団規定 :建築物と都市に関する規定
  • 側からの高さに制限がある

 

建築士法

 

一級建築士 :国土交通大臣の免許

二級建築士 :都道府県知事の免許

 

 

鉄筋コンクリート

 

  • 鉄筋は、コンクリートより引張り強度がきい
  • コンクリートは、鉄筋より圧縮強度がきい
  • 主筋 :柱おようび梁の方向に配筋。曲げモーメントに対抗。
  • 帯筋 :梁の方向に配筋。せん断力に対抗。
  • あばら筋 :梁の方向に配筋。せん断力に対抗。
  • かぶり厚さ:土に接しない壁、柱、梁~3センチ以上。 接する場合は~4センチ以上。
  • 壁の厚さ : 一般壁・・・10~15センチ。  耐震壁・・・20センチ程度。
  • 鉄筋コンクリートは、鉄骨造よりも耐火性、耐食性に優れている。施行の工期が長い
  • プレストコンクリート構造 :大スパン構造に適している。

 

 

鉄骨

 

  • 鉄鋼構造は、耐食性に乏しい
  • 鋼材の炭素量が増加すると、じん性が低下
  • 鉄骨の接合は、工場では溶接接合、現場ではボルト接合
  • ボルト接合は、高力ボルト接合が多用
  • 鉄骨構造は、コンクリート構造よりじん性に富み、耐震性に有利、解体が有利。

 

 

このページのまとめ

 

  • 「建築物の構造概論」は出題数が15問と少ない
  • 難易度も低い
  • しかし、足きりだけは避けなければならない

 

 

読了、ありがとうございました

また、どこかで・・・