【役に立つ資格】 騙されないで、本当は役に立たない資格かも?

Information 07.12 その他の資格
dadaworks / Pixabay
この記事の所要時間: 928

このページは、なんとなく将来が不安になって「資格でも取っておこうかな?」とぼんやり思っている方へ向けて書いています。

 

どんな資格を取ったら、将来の不安が消えるのか?

転職に役立つ資格とは?

業者は商売なので、そういった不安に付け込んできます。

スポンサーリンク

役に立たない資格 トップ3

 

  1. 医療事務
  2. 調剤薬局事務
  3. 介護事務

 

上記の3つの資格が、役に立ったという話を聞いた事がありません。

おそらく資格学校の利幅が大きいので、役に立つと宣伝しているだけだと思います。

以下のページにその辺りの事が書いています。

 

 

国家資格以外の資格で、役にたちそうなのは、「簿記検定(2級以上)」ぐらいかな?

もちろん、国家資格でも役に立たない資格はたくさんあります。

 

Study 06.16

 

 

 

 

 

 

 

 

役に立たない国家資格   top5

 

  1. ファイナンシャルプランナー
  2. 知的財産管理技能士
  3. キャリアコンサルタント
  4. ウェブデザイン技能検定
  5. ITパスポート

 

特にファイナンシャルプランナーは、転職時にはまったく役に立ちません。

管理人2も、1級にあたるCFPを初期の段階で取得させられましたが、資格手当てが500円ほど増えただけでした。※税理士は+5,000円でした

その上、転職時にも何の役にも立ちませんでした。

 

 

また、キャリアコンサルタントは中高年に人気です。

多くの人は定年後に備えて「何かの役に立てば」ということで取得するようですが、実態は高い講習会費用を払うだけで、その後この資格を利用する機会があったという話は聞いた事がありません。

資格学校の肥やしになっただけ?

 

そのような無駄な資格に時間とお金を遣うくらいなら、管理人2のお勧めするガテン系の資格でも取っておいたほうが・・・

まずは、サクサクっと取れて、GSのマッタリ夜勤に必須の「危険物乙4」から・・・

 

 

 

人気があるのに役に立たない資格 top3

  1. MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
  2. 宅建士(宅地建物取引士)
  3. マン管(マンション管理士)

 

上記3つの資格は、あっても邪魔にはなりません。

しかし、MOSを企業が大きく評価するだろうか?

また、宅建士は不動産会社に勤めない限り必要はないし、マンション管理士も管理会社に勤めない限り必要ないし、なによりも管理人2は不動産会社にもマンション管理会社にも勤めたくないので・・・理由としは、しんどいので割に合わないから

 

マンション管理士なら、まだ似たような資格の管理業務主任者の方が、難易度が低い上に役立つのでお勧めです。

 

 

実は、このサイトは文系サラリーマンに理系(ガテン系)資格を取得して、設備管理の業界をお勧めするサイトです。

ゆえに少しばかり偏見が入っているかもしれませんが、その辺りは皆様のご判断で・・・

 

No Good 06.16

dadaworks / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、次からが本題です。

最近よく見かける「役に立つ」と宣伝されている資格

インテリア関連の資格

  • インテリアコーディネーター:顧客ニーズに応えて機能的で快適な住まいの空間演出を提案
  • インテリアプランナー:インテリアの企画、設計から工事監理までトータルプランニング
  • インテリア設計士:インテリアの設計

 

インテリアの仕事をするのに資格は関係ありません。

インテリア関連の資格を勉強する時間で、建築士資格を目指したほうが・・・

とにかく資格学校は商売ですので・・・

 

 

通訳案内士

「通訳案内士」の国家資格が必要だった通訳案内の仕事が法改正によって門戸解放。2019年からは、資格がなくても報酬を得て仕事をすることができるようになりました。

 

通訳案内士とは、通訳案内士法で定められた国土交通省認定の国家資格で、報酬を受けて、外国人に付き添い、外国語を用いて、旅行に関する案内をする通訳のスペシャリストの資格です。

「通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律案」が閣議決定され、2019/1/4施行されました。

これにより、業務独占で無くなり、名称独占になります。

また、試験科目に実務などを追加(防災や関連法など)し、定期的に研修受講を義務化する事になる予定です。

 

上記のとおりなのに、何故だかネットで「お勧め資格」として宣伝されていました。

取らなくても仕事が出来るし、取ったとしても・・・

オリンピックが終わるとほとんど仕事が無い。

「仕事が無いは」予想ですが、多分当ります

 

Test 06.16

kmicican / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に役に立つ資格は、難易度が高い

 

  • 医師免許
  • 技術士
  • 弁護士
  • 公認会計士
  • 弁理士
  • 不動産鑑定士

等の超難関資格が役に立つのは当然です、そして収入も多いです。

 

しかし、どれもが難しい。

頭がいい人が、相当に努力をして取得するような資格です。

そして、お金もかかります。

 

 

  • 歯科医師 :歯科学部(6年制)卒業後、国家試験合格、その後に1年研修
  • 獣医師  :獣医学部(6年制)卒業後、国家試験合格
  • 薬剤師  :薬学部 (6年制)卒業後、国家試験合格

等も持っていると、役に立ちます。

しかし、上記6つほどではないが、3つともかなり難しい。

 

 

・・・という訳で、このサイトでは、とことん役に立たなくても、転職時や退職後に役立ちそうな資格をお勧めしています。

以下のページは1分ほどで読めるはず、ぜひ御一読を・・・

 

 

管理人2のお勧めするガテン系の資格

このサイトでは、文系サラリーマン向けに(?)理系の簡単な資格を紹介しています。

管理人2は、ガテン系と呼んでいますが・・・

 

ビルメンは薄給です。

しかも、現場によっては激務です。

でも、いい部分もたくさんあります、特にセミリタイヤ組にはピッタリかも。

 

 

設備管理やビル管理の業界では、資格がないと仕事に就けないことがほとんどです。

特に「電気工事士2級」と「危険物乙4」は、必須な所が多いです。

 

 

 

電気工事士と危険物の資格があれば、ビルメンへの就職は可能性が高いです。

そして、やる気のある人や将来の不安の解消をしたい人は、上位の資格を取れば、いくつになっても仕事はあります。

具体的には、「ビル管理士」と「電験」です、余裕があれば「エネルギー管理士」も取っておけば、高給(?)取りへの道筋が開ける、はず。

※ただし、都会での話です。田舎にビルは少ないですから

 

 

 

 

でも基本は「電気工事士」と「危険物乙4」です。

そして、実務で役に立っているのは、「消防設備士4類」です。

消防設備士が必須な現場も、そこそこあるみたいです。

 

 

Fire, Fighting 06.16

DirtyOpi / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのまとめ

 

資格取得を考えている人に、「資格学校」や「通信教育業者」に騙されないで、と言いたかった。

お金だけでなく、時間が何よりももったいない。

勉強が好きな人以外なら、最高に苦痛な時間なはず。

 

簡単に取れる資格で喰っていけるほど世の中は甘くない、でも何も資格が無いよりは数段に有利です。

ただ、どうせ取るなら、少しでも役立ちそうな資格取得を・・・

そして、悩んでいる時間が一番の無駄です。

 

 

読了、ありがとうございました

また、どこかで・・・