[女性に向いている資格]  主婦になったら職業訓練を受けよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 74

主婦をやったことがありません。

管理人2は男性なので主夫かな、どちらにしても素敵なひびきです。

家事は本当に大変です。

しかし、主婦にはノルマがない。

ややこしい人間関係もない。

日々終われる暮らしをしている身には、うらやましくて仕方がありません。

しかしこの世の中、何があるかわかりません。

というわけで(?)今回は「主婦になったら職業訓練を受けよう」です。

スポンサーリンク

何があるかわからない世の中だから手に職を

OLをしていて、結婚を期に退職する人は多いと思います。

しかし、配偶者の収入だけに頼っていていいのだろうか?

男女の愛はいつか冷めます。

生活のために嫌いになった人間と暮らすことは苦痛ではないですか?

Love

Nietjuh / Pixabay

配偶者の収入が激減するかもしれません

今の世の中、民間企業の収入激減は普通です。

金融関係なら元が高いので、平気で半分以下になったりもします。

また安定した公務員であっても、ストレスや不祥事で辞めざるをえない場合もあるかもしれません。

一度OLを辞めてしまえば、同じ条件で雇ってくれるところはほとんどないと思います。

訓練校ではけっこうな数の主婦がいました

管理人2は、職業訓練でポリテクセンターに通ったことがあります。

ポリテクセンターは、いわゆるガテン系の仕事を教えてくれる所です。

管理人2の通ったコースでは女性はほとんどいませんでしたが、他のコース(パソコン関連やインテリア関連等)では、たくさんの女性がいました。

Housewife3

La_Petite_Femme / Pixabay

女性の年齢はバラバラで、元の職業もバラバラでした。

  • シングルマザーは多めでした。理由としては選考会に通りやすいから?
  • もとOLで主婦
  • もと飲食業(お水系)

一番重要なことは選考会を通ることです。

[職業訓練]  志望動機の例文と面接時のアドバイス

ポリテクセンターでもこんな感じでしたから、委託訓練などではコースによっては主婦(特になりたて)さんの割合はかなり高そう。

雇用保険の延長を受けながら資格も取れる

主婦になりたての方に職業訓練をお勧めする1番の理由は、雇用保険(失業保険)のからみからです。

  1. 雇用保険(失業保険)の3ヶ月間の受給制限を外すことができる
  2. 訓練終了まで雇用保険の延長が受けられる

くわしくは→[職業訓練] お勧めする3つの理由

働いていた人が主婦として無職になっても、雇用保険(失業保険)をもらっているケースはかなり多いです。

career woman

geralt / Pixabay

ただ、受給期間はそれほど長くない人が多いと思う、しかし職業訓練をうければかなり延長できます。

女性に向いている資格

人気ラインキング 5位まで

第1位 社会保険労務士

稼ぐ・就職・難易度など総合的に評価が高く、女性の割合も多い資格です。
仕事内容も保険の手続きや企画など、女性の感性を十分に活かす事が出来ます。
また、独立開業や就職といった働き方の選択も出来て、
自分のライフスタイルに合わせた仕事をすることが可能です。

第2位 行政書士

稼ぐという評価が高く、独立心の強い女性に向いている資格です。
独立して成功している女性も増え、
男性だけの資格という印象が消えつつあります。
町の法律屋さんとして、地域住民や会社から頼られることもあるので、
やりがいのある仕事でもあります。

第3位 ファインナンシャルプランナー

お金のアドバイザーとして、顧客のライフプランをしっかりとサポートできるのが
人気の秘密のようです。
また、女性の資格取得者も多く、企業に就職して安定した仕事と、
やりかによっては高収入も期待できます。
現在はお金に不安を抱えている方が多いので、将来性もある資格です(?)

どちらにせよ、FPは自分のお金の管理には役立ちます。

[FP資格] AFPは無意味だけど、CFPなら多少は・・・

Career, Woman

FotografieLink / Pixabay

第4位 宅建

就職に強いのが人気の秘密です。
不動産以外でも金融や住宅メーカーでも活躍できて、幅広い業界から支持されている資格です。
また、資格手当てを支給する会社も多く、年収UPにもつながってきます。
どんな資格を取ればかわからない方には、宅建がオススメです。

民法の知識は、生きていくうえで役に立ちます。

第5位 簿記

根強い人気を誇り、どの業界でも通用するのが特徴です。
学生や主婦、会社員まで、幅広い層から支持され、
特に家庭にいた専業主婦が外で働くために取得するケースが非常に多くなります。
事務職を希望される女性にオススメの資格です。

[ 簿記2級]  短期で合格するための勉強方法とテクニック

本当のお勧めは、介護福祉士要請講座と保育士養成講座

両訓練はともに2年コースです。

介護福祉士

介護福祉士資格は、大学の専門課程を履修した後に実務経験をつむことで、受験資格を得ることができます。

しかし職業訓練で上記のコースを取ることにより、受験資格を得ることが可能です。

[職業訓練で無料で資格取得 part1]   福祉編

保育士

保育士になるには?

1.保育士の養成施設の卒業と同時に取得 厚生労働大臣が指定する保育士の養成施設(専門学校、短大・4年制大学)を卒業することで保育士資格を取得。

2.保育士試験に合格することで取得 独学や保育士試験合格スクールや通信講座で学習し、年2回実施の保育士試験(筆記・実技)に合格することで保育士資格を取得。

上記の手順をふまなくても、職業訓練の保育士養成講座を卒業するだけで、保育士資格がもらえます。

資格を取るにはお金も時間もかかる、費用については職業訓練を利用すれば無料にできる場合が多いです。福祉系の資格について書いてみた。保育士、介護職員初任者研修、実務者研修、介護福祉士は職業訓練で無料で取得できます。

少しでもお役にたてれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする